ホーム今月のコラム

今月のコラム

column

満たされないおいしさ

更新日:2002.11.01

人間は、遺伝子のDNA・指紋・顔・声・姿・性格・好み等、1人1人自分の個性を持っている。おいしいという味覚もそうである。 甘いのが好きな人もいれば、塩っぱいのが好きな人もいる。味の濃いうすいもある。味覚に関しては複雑怪奇である。 そんな中で、多くの人が毎日のたべものに対して、何か満たされていない感じを持っている。なぜなのだろうか? 私の住んでいる地域は、スーパー乱立の地である。毎日安売りのちらしが新聞に入ってくる。小さい頃は、近所のお店で買物をしていたが廃業をしている。 私の家族の食事の食材もスーパーである。どこのスーパーに行っても、だいたいメーカー・商品名が似たりよったりである。 そうすると、同じ物なら安い方へと客は右往左往である。いざ、食事となると「満足感」が味わえない。 私は、粗末な食事であったが、昔の方が「おいしさ」という欲求を満たしてくれていた様な気がする。 1人1人の求めているおいしさが違うのに、商品数・味の数が少ないのではないだろうか。 特に食品が工業食品になってしまい、スーパーで並んでいる数少ない商品ですら、味が似たりよったりでは、 人それぞれの味覚の個性など満たされるものではない。 便利さと安さだけでは自分のおいしさと心の満足は得られない。

 話は変わりますが、私の所にお客様から問い合わせがくる。「どこでみそを売っているのですか?」 私は返事に窮する。山形のスーパーでは、どこも扱っていない。 実は、表示の欄で保存方法に「冷蔵庫保存」と書いてしまった。とうふや納豆や牛乳の様に冷蔵ケースに入れて販売してもらわなければならない。 みそは通常、常温で普通の棚においてあるので販売してもらえない。 「すみません。店には置いていないので、直接小売りをしています。ご住所は、お名前は...」となってしまう。

 お歳暮の季節にもなりました。
 皆様よろしくお願い申し上げます。

とことん話をしました。

更新日:2002.10.01

9月1日(日) (北海道石狩郡新篠津村にて)
仕込みその原材料の減農薬大豆「トヨムスメ」を栽培してくれている井伊さんです。長男のりょうたろう君も2才になった。 農林水産省のガイドライン表示の栽培確認者の藤永さんと畑で出会って、「井伊君は、がんばっているよ」と、ほめていた。 となりの藤永さんの畑は、有機栽培である。井伊さんと酒を飲んで、とことん話をした。

左:私 右:井伊さん

左:私 右:井伊さん

9月2日(月)
朝、JA新篠津を訪問し、農協関係者の皆さんと話をした。 午後より、特みそ・特特みそ・無農薬みそに使っている無農薬大豆を栽培している、旭川から北へ1時間半位 にある上川郡剣淵町に行った。 夕方より栽培グループの皆さんとビールをのみながらジンギスカンでいっぱい話をした。
移動のため時間がかかり、今度は、小麦栽培をしている木村さんと会った。収穫は終わっており、ほんの少しであった。これは無農薬小麦である。 6月に小麦の赤かび病の防除の件で、農薬を使うかどうか連絡が入ったが、小麦そのものの安全性が大事なので、減農薬になっても仕方ないと連絡した。 今年はかろうじて無農薬になったが、赤かび病の問題は毎年でてくるので、必ず無農薬小麦とは無理の様である。

左:木村さん 右:私

左:木村さん 右:私

9月3日(火)
無農薬大豆「トヨコマチ」を作ってくれている佐藤さんと大豆を確認に行った。天候不順にもかかわらず、どうにか?なりそうである。 たまねぎ畑が生育していないのでたずねたところ、「病気のため全滅、あきらめた。農薬を使えば、どうにかなるのだが」と。 この畑に来年は別の無農薬作物を植えるから、農薬は使えないとの事であった。 旭川に移動して、夜、佐藤さんと酒をのんだ。

左:私 右:佐藤さん

左:私 右:佐藤さん

9月5日(木)
天然昆布を探しに知床半島の羅臼に行った。北の国から2002 遺言 の舞台になったところである。漁師のいずみさんと会った。 今年は漁協に全量売り渡しのため、見本だけをもらった。長い付き合いになりそうである。

左:いずみさん 右:私

左:いずみさん 右:私

9月14日(土)
特みそ・特特みその減農薬米「ササニシキ」を栽培してもらっている米の道の会の皆さんと遊佐町の富士屋にて酒をくみかわしながら話し合いをした。 私が「認証をとってくれ」とお願いして、苦労とめんどうをかけてきたが、厳しい世の中を反映して、 みんなが「大変だったが、認証をとっていて良かった」と言ってくれた。

米の道の会の皆さんと

米の道の会の皆さんと

ちょっと、待ってくれ。

更新日:2002.09.01

ある新聞の記事に、揺らぐ食マーケティング.200X年の予兆.今や「あってもなくても平気」...主食の座降りた「ご飯と味噌汁」. 「炊飯器で炊くのも面倒」時代に。という見出しがあった。 内容は、コメを研ぐこと、釜を洗うこと、ご飯が炊けるまで何十分も待つことが面 倒。 お弁当のオカズは、冷凍食品やプチトマト、ウインナーなどであるから、炊飯に30分以上かかるのは合理的でない。(レトルトの中華丼は数分でできる) また同じものだと飽きるから、パン・パスタ・めん類・ピラフ・チャーハン・おにぎり・炊き込みごはん。 ごはんは、チンする無菌米飯類や出来ている加工米飯。 「みそ汁は」というと、栄養のある具材を沢山入れたオカズ型味噌汁と食事の水分としての飲料型味噌汁があり、今や、飲料型味噌汁が増えているが、 それが、水(EX. アルカリイオン水)・茶(EX. 麦茶)・牛乳・ビールなどの飲料と競合してその座を失い始めている。 みそ汁もインスタント時代に。
 これらの内容は事実であると思う。

 電子レンジで「チン」というインスタント化食品時代を迎えようとしているが、私はここで「農薬・化学肥料・添加物・化学調味料・塩分・糖分・家族・ 自然のかかわり・これからの日本の経済力・環境問題・食糧及び自給率の問題・南北問題・エネルギー問題・そして自然の味は」と問おうかと思ったが、 別の角度から考えてみた。

 ごはんもみそ汁も飽きられてしまったのである。
 人はおいしい物を食べたがっている。ごはんやみそ汁は、「今の時代のおいしさ???」を失っているのかもしれない。 (本当は、ごはんそのもの、味噌そのものが最高にうまいたべものだ。) ところで、米にしても、作業効率や収穫量 等の経済性ばかり考えてきて、お客様が米に対してどう考えているのか、何を求めているのか、 そして味噌にしても、みそは日本人には欠かせないから、なくなる事はないだろうと考えていた。 ところが冷凍食品やレトルト食品業界は何十年にわたり、必死になって消費者に受け入れてもらおうと、努力と競争をしてきた。 私が言いたいのは、物づくりに真剣さ、必死さが足りなかったのではないだろうか。そのツケがきているのだと思う。 そして次に消費者の皆さんが食に対して、真剣にそして必死に対峙していかないと、「とんでもないシッペ返しがくるのではないだろうか」と心配である。 ちょっと待ってくれ! 何のために食があるんだ! 何のために毎日食べているんだ!

スローフード

更新日:2002.08.01

7月6日(土)午前9時より、協同の杜(JA山形研修所)にて山形スローフード協会・会員研修「スローフード運動を、どう進めていくか」があった。 去年7月に発足し、今年3月イタリアの「スローフードインターナショナル」に加盟した日本で5番目の支部である。 会員は57名で、農業関係者・醸造関係者・教育関係者・料理関係者・商店主・主婦等である。 「郷土の食文化を掘り起こし、大切さを後世に伝えていこう」としている。

 スローフードは、1986年イタリア北部のブラという村で、文化人(イタリアのジャーナリスト、カルロ・ペトリーニ)等で始まった。 やがてNPO運動で、 [1]消滅の恐れのある伝統的な食材や料理や質の良い食品、ワインを守る [2]良質の食材を提供する小規模生産者を守る [3]子供達を含め消費者の味の教育を進める という運動になった。 事の発端は、1986年ローマの名所スペイン広場でハンバーガーショップが開店した事であった。 現在世界で会員が7万6千人、日本では5支部900人である。

 ファーストフードが食事や味覚の画一化をもたらしている現在、各地に残る食文化を大切にし、くらしや生き方を考え直していこうとする運動である。 今、食が崩壊しようとしている時に、非常に大事な運動であり、私の仕事、特に仕込味噌(以前は、各家庭で自家製みそを造っていた)は、 まさに日本のスローフードの代表的な食材の1つであると思っている。
 このテーマについては、折にふれて、これからも書いていきたいと思う。


無題

更新日:2002.07.01

6月21日 「山形県がやってきた」

 私のみそ造りについて話を聞きたいと山形県村山総合支庁農業経済部と村山農業改良普及センターのお二人の方が訪ねてこられた。 仕事場で、無農薬大豆や無農薬米、深層水の塩等、私のみその原料の説明をした。みそ造りの作業手順や無添加手造りの話をした。 自宅にて、減農薬・無農薬・有機栽培や農業全般そして機能性食品について話をした。 知事をはじめとして、山形県あげて、地産地消に、一生けんめいであるという話をお伺いした。

6月27日 「北海道に霜がふった」

 「6月25日、北海道に霜が降った。」というニュースをテレビで見た。契約栽培大豆が心配で佐藤さんに電話した。 そう言えば、先月もテレビで「氷(ひょう)が降った」というニュースで電話をしたばかりである。 大雪山には雪がふり、家では毎日ストーブの生活だそうである。 無農薬大豆は無事であったが、無農薬の小豆(あずき)は、霜の害を受け、栽培をあきらめるかどうかという状態で 佐藤さんは「ああ、がっかりした。」と電話口で言った。この無農薬のあずきは、金沢の和菓子屋さんにいくものである。 地域の仲間と離れて点在する仲間でセーフティーネットを作っている。お客様には迷惑をかけられないとの事である。 いつ、私のみその原料である無農薬大豆が全滅するかわからない。 私も二重にセーフティーネットを作っているが、100%の保証はどこにもない。
 7月より無農薬みその大豆が無農薬減化学肥料から、無農薬無化学肥料にかわり、ラベルやパンフレットを変更中である。 平成11年に無農薬無化学肥料栽培の契約をし、平成12年春、種まきをし、晩秋=初冬に収穫した大豆が、平成14年7月 やっとみそになった。


こだわり

更新日:2002.06.01

たまたま自分が人間として生まれた限り、誰でも人間としての自分の存在を確認して生きていたいと思うものである。物づくりも同じである。私のみそ造りの原材料である大豆や米そして塩もこだわりの素材である。大豆では北海道の佐藤さん、井伊さん。米では青森の木村さん、山形の米の道の会の皆さん。それぞれが自分の存在をかけて、私に大豆や米を作ってくれている。「お前のために作っているんだ。」この言葉は、私のみそ造りの最中にも、大豆や米が直接語りかけてくる。塩にしても、「伯方の塩」には塩田復活の大衆運動の歴史があり、伊豆大島の「島の塩」深層水の塩「ハマネ」にも伊豆大島の昔からの塩づくりの歴史があり、世界で初めて深層水の塩をつくりあげた地なのである。それぞれにすさまじい思いがあり、ながい時間が込められている。大豆・米・塩……みそ造りのただの材料ではない。様々な人たちのこだわり、思いが私のみそ造りを動かしていく。これらの原材料があるから、私の無添加・手造りのみそ造りが生かされていくのである。

 私のホームページを見た東京の女性の方から、先月みその注文がきた。昔たべたおばあちゃんのなつかしい手造りみそをたべたい。いろんなみそをさがしてたべているが、同じ様なみそにめぐりあえない。早速みそをお送りした。返事の電話がきた。大変おいしかった。でも、ちょっと私がさがしているみそとは違う様だ。でも、またたのむ事があるかもしれないのでよろしくお願いしますとの事であった。このお客様は、自分のルーツをさがす様に、あのおばあちゃんの手造りのみその味を求めて、また旅をするのであろう。

 私のお客様には、こだわりの人が多い。「みそだけは、おいしい物をたべたい。」「おいしいみそと米があれば、生きていける。」こだわりの連鎖と思いの伝達。私は皆様に、こだわりと思いを伝えられるみそを造っていきたいと思う。

私の青空2002(内館牧子作)

更新日:2002.05.01

 NHK月曜ドラマシリーズ「私の青空2002」(午後9時15分~)が4月1日より8回シリーズで始まった。4月は第5回まですすみ、5月13日(月)からあと3回番組が残っている。一昨年の4月から放送された朝8時15分からの連続ドラマ「私の青空」の続編である。このドラマは、青森県大間町のまぐろ漁師の娘なずなが、高校の先輩でもある健人と結婚式の三三九度の最中、ボクシングジムの娘の千代子とボクシングをあきらめきれない健人が失踪してしまう。すでに妊娠していたなずなは、未婚のまま太陽を出産する。太陽の父親健人を探すため上京して、築地でくらし始める。
 今回は、太陽が小学校3年生。なずなは学校の給食調理員そして夜は武蔵氷業でアルバイト。父 健人はボクシングジムのトレーナー。籍を入れずシングルマザー(未婚の母)として太陽といっしょにくらし、健人は同じアパートの違う室に住み「いい関係」を作っていた。ところが健人がボクサーのスカウトでりんごの里青森県岩木町を訪ね、りんご農家の娘小雪(菊川怜)と出会い、恋愛におちいる。太陽と健人は親子関係であるが、籍が入っていないなずなと健人は他人の関係になる。シングルマザーなずなが人生の地獄をみるというストーリーで、今のところすすんでいる。

 私の無農薬みその原料である無農薬無肥料米「あきたこまち」を作ってくれている木村秋則さん。番組のおわりに出演者及び関係者の名前が字幕に出るが、そこに農業指導木村秋則と出てくる。またドラマの中でスノーモービルに乗って今まで二回出演している。29日の第5回「父をたずねて三千里」で、太陽が小雪といっしょにいる父健人をたずねて一人岩木町を訪ね、雪の中、迷子になっているところを助ける役だった。

 また、映像に出てくる木村さんのりんご畑、りんごの木に話しかける姿、小屋、自宅。私は、このドラマが始まって1ケ月ずっと考えていた。何だ、このふんいきは。木村さんのふんいきが、このドラマをおおっている。ドラマの舞台は青森。本州最北端の大間の漁港。そして今回は、冬の津軽。雪の中のりんごの木。そう言えば、このドラマが始まる前、木村さんが私にこう言っていた。今度のドラマは「りんごの花が咲くまで」がテーマの1つになっているんだと。このふんいきは、りんごの無農薬無肥料栽培に一生を捧げた木村さんの苦しみ、悲しみ、やさしさ、そしてよろこびなのかもしれない。このドラマは、いいとか悪いとかを超えて、一生けんめい生きる人生の「実感」を表現したかったのかもしれない。

 ※「今月のコラム」のバックナンバー[2001]2/1・10/3・11/5・12/4・[2002]4/2 に木村さん関連が載っていますので、ご参照下さい。

無題

更新日:2002.04.01

3月19日(火)
山形商工会議所の方から、中国の人がみその話を聞きたいという話があって、今日午後4時30分に、大連市から貿易会社の蒋旭(JIANG XU)社長そして通訳の邱捷(GIU JIE)さんと、そして佐藤さんの三人が自宅を訪ねてくれた。みその話であるが、通 訳の人も中国の人で理解してもらうのにとまどった。具なしのみそ汁や、みそ漬をたべてもらった。中国のみそは、豆みその様で、どうも中国ではみそ汁としてはあまり使わないようだ。日本では一汁一菜等のように、みその味が主役にもなる事があるが、中国では様々な調味料の1つでしかない様だ。みそ造りの説明をしている時に、みそ漬の桶のみそに興味をもったようだった。食文化の違いをつくづく感じた。
 私はやっぱり日本の食文化としてのみそをこれからも大事にしていきたい。
200204-1

3月26日(火)
 宮城県仙台市で、仙台国際ホテルにて仙台平成ロータリークラブの例会があり、依頼を受けて、卓話というコーナーで話をした。お昼時間の例会で「本物の時代」というテーマで狂牛病の話と、私のみそ造りで無添加・手造りの話を23分した。あっという間に時間がすぎ、わかってもらえたのかなぁ?と 今は、考えている。
200204-2

4月1日(月)
 午後9時15分からNHK月曜連続ドラマ(8回)「私の青空2002」の第1回(お父さんの恋)の放送があった。2年前の朝8時15分からの連続ドラマの続編で前作は青森県大間町のまぐろ漁が背景になっていたが、今回は青森県岩木町のりんご作りである。実は、私の無農薬みその原材料のお米(無農薬無肥料栽培)を作ってくれている木村秋則さんのりんご作り(無農薬無肥料栽培)がモデルとなっており、木村さんのりんご畑や小屋も写 っており、りんご農家の姉[佐藤小雪(菊川怜)]と弟[佐藤猛(三宅健)]の自宅(セット)も木村さんの自宅のふんいきがかもしだされていた。
 この話は、5月のコラムで書きたいと思います。

無題

更新日:2002.03.01

雪印問題。特に表示問題について書きたいと思います。
 写真を掲載しましたが、写真の右はしで納豆を食べているのが私です。2月16日(土) 朝日新聞のくらしというコーナーで国産大豆に関する記事の中での写真です。この記事の中で2000年度産の国産大豆の生産量 が24万tと前年より25%増えて、日本の大豆自給率がやっと5%になったとの事でした。2月12日(火) 東京で「大豆畑トラスト運動全国交流集会」があり、参加してきました。消費者団体などで作るネットワーク「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」が 1998年から始めたもので、消費者は大豆畑に一定額を出資し、収穫量に応じて大豆を受け取ります(大豆・納豆・みそ・しょうゆ等)。生産者はできるだけ農薬や化学肥料を使わず栽培し、生育状況を消費者へ伝えます。集会には、全国から多くの大豆トラスト団体と消費者が参加しました。トラスト畑で生産者と消費者がいっしょになって種まきしたり、草刈したり、収穫したりしている状況が報告されました。うそか本当とかという表示問題ですが、大豆トラスト畑の大豆には、そういう問題はおこりません。なぜならば「どこの畑で、誰が、どの様に作っているのか」という情報を消費者自身で確認がとれているからです。

 すべてのたべものは、誰かが、どこかで、様々な方法で収穫もしくは加工しているのです。作り手(農水産物生産者・加工業者)から売り手(小売店・スーパー・デパート)、そして買い手(消費者)へと、正しい情報が伝わっていれば問題がありません。でも、こんな事を書いても無意味な時代となっています。とりあえず買い手(消費者)の立場から売り手側に表示に疑問をもった時は、「この表示は本当ですか」とお店に直接聞いてみるのもよいでしょう。売り手は説明責任がありますので、作り手に確認をするはずです。

 私が契約栽培にこだわっているのは、できるだけ自然のかたちでみそを造りたいので、おいしいみそを造るためにおいしい素材が必要な事と、少しでも安全であって欲しいとの願いからです。
200203


寒仕込み

更新日:2002.02.01

朝6時、お釜に水を入れて、バーナーに火をつけてお湯をわかします。気温は氷点下。7時30分にやっとお湯がわきました(写 真)。90分かかります。

 大豆を煮るために、木のふたをかぶせているお釜に大豆を入れ、麹(こうじ)造りのためにステンレスのかんに、抜掛法と言って、何回かに分けて米を入れて、ふかします。この90分の時間にも、並行的に様々な作業をしています。夕方5時まで、とにかくいろいろな仕事が続きます。

 寒仕込みの時に一番困る事は、写真を見てわかる様に、お釜に火が入っている間、湯気が仕事場一面 に立ちこめますので、何も見えなくなります。よって仕事場の窓や戸をあけます。室内も外も同じ状態になります。すなわち、冬なのです。手造りとは、長時間肉体労働・少量 生産なのです。

 さて1月の話題と言えば雪印。次回のコラムで書きたいと思います。ただ一言、私がいつも言っていますが、この地球上で今も食べものの確保のために、動物の世界、植物の世界で生存競争がくりひろげられています。無防備と無責任は死を意味しています。たべものの確保とたべものの安全性は、自分の生死にかかわるのです。もう一度、たべものについて真剣に考えてほしいと思います。
200202

PageTop